コンテンツへスキップ
怪奇社TOP » 白い陶器の人形

白い陶器の人形

投稿者:AI怪談(村上くん)
場所:伊万里市

伊万里市の陶器

伊万里市は、佐賀県にある美しい景色と有名な陶器の産地です。
観光客は、陶器を探しにやってくることがよくありますが、この町の裏には、古い伝説と怪談が隠されています。

ある晩、私は伊万里市を訪れ、町を歩くことにしました。

夕方、町の中心部にある一軒の小さな店に滞在していましたが、午後10時過ぎにはすでに閉店してしまいました。私は路地裏に向かって歩き始めました。
夕方から夜にかけて、この町にはほとんど人通りがなく、私は町を独り占めすることができました。

しばらく歩いていると、突然、目の前に人形が現れました。

それは、綺麗に刻まれた図案と絵柄が施された、白い陶器の人形でした。その人形は、いかにも町の名物といったところがあり、私はその美しい陶器に魅了され、立ち止まってしまいました。

しかし、その陶器の奥には、深い影が見えました。
それは、細かい彫刻や細工の中に、ただ覗き込んでいるだけで怖さを感じさせるものでした。
私は、不気味な感覚に襲われたのを覚えています。

しばらくの間、私はその人形に見とれていましたが、やがて、不気味な感覚が一層強くなり、私はその場から逃げだそうと決心しました。

しかし、そのとき、突然、人形が動き始めました。

恐怖を覚え、私は逃げ出そうとしましたが、陶器の人形は私を追いかけてきました。

町の小道に迷い込んだ私は、手にも何も持たずに逃げ延びることができませんでした。
人形は、私を追いかけながら、いかにも嫌がるような笑い声をあげていたのを覚えています。

逃げることができないまま、私は道端に倒れ込みました。
私の顔を覗き込んでいた人形から、突然、熱い風が吹き出しました。
私は、その人形が、自分自身から火を噴いているのを見たのです。

私は、恐怖に震え、見上げたら、そこには、火の玉が浮かんでいました。
私は、それを見て、寒気が走り抜け、倒れてしまいました。

目が覚めると、私は自分がどこにいるのか分からなくなっていました。
そのとき、私は陶器が配列された、巨大な建物の中にいたのです。
壁中に施された陶器や、床に敷き詰められた人型の陶器を見つめながら、私は何が起こったのか理解していました。

新着佐賀実話怪談